オール重合接着水槽 メタハラ(メタルハライドランプ・HIDランプ)仕様
オール重合接着水槽 メタルハライドランプ仕様
水槽工房トップページ アクリル水槽商品一覧 各種お見積り サイトマップ
アクリル水槽Q&A(別) 水槽設置工事(別)

当店の製品は 全てオーダー製作致しますので 補強も 飼育スタイルによって仕様が異なります
全ては 安全に長く使用して頂く為ですので お読みに成られて ご理解ください

オール重合接着水槽を ご希望のお客様は 以下を必ずお読みください


オール重合接着水槽で ライティングにメタルハライドランプ(以下メタハラ)を使用されるお客様は、以下の図のように センターに塩ビ製のパッチを貼るかどうか選択して頂きます

メタハラを使用される場合 水槽上部のセンター裏に 塩ビ製のパッチを貼り付ける方法をお薦めいたします。
アクリルに 塩ビを貼るのは 好まれないお客様がおられますが、これは メタハラの一部の波長が アクリルの接着部分を弱くしますので その波長に対して アクリルと違う特性を持つ 塩ビ板を貼る事で お互いの材質の弱い部分を補い パッチを裏から当てる事で メタハラや太陽光線に対する強度をアップさせ より安全に長期使用して頂く為のご提案です。
尚 パッチを貼るのはセンター前後だけです。(下図グレー部分ですが実際は透明です)

ここで ご理解頂きたいのは パッチを貼る事は より安全に使用する為で
どうしても 貼るのを好まれない場合は貼りません  貼らないからといって 短期間で
水槽が 割れたり水漏れを起こすという物では有りません。

誤解の無い様に書きますが パッチを貼るという事は 『
より安全性を上げる』為です。
確かに 数ミリ(3ミリ)とは云え 透明な水槽の前面上部に 3ミリのパッチが見えるのは抵抗が有るかもしれませんので 以下の3点より 選択して下さい

1.オール重合接着水槽にパッチを貼る帯なし
2.オール重合接着水槽にパッチを貼り 上部のみ15ミリ程度の目隠し帯を貼る
3.パッチは貼らない

この件に関しましては 以上を選択して頂く事に成りますが
当店と致しましては パッチは貼る方を お薦めします

※注)図を判りやすくする為に 塩ビ部分はグレーに着色していますが
   実際の製品は 透明の塩ビ板です

上の画像のブルーの点線の部分が メタハラ用のパッチ部分です
下の画像で 少しグレーの部分です。
透明度はアクリルの方が上ですから 少しグレーに見えます

水槽工房トップページ アクリル水槽商品一覧 各種お見積り サイトマップ
アクリル水槽Q&A(別) 水槽設置工事(別)